企業情報

企業理念

株式会社ハイレックスコーポレーションの経営理念は、1980年8月26日に御逝去された創業者寺浦留三郎会長が戦後の荒廃した社会の中で、1946年1月の創業時に樹てられた理念で、今日も引き継がれています。

株式会社ハイレックスコーポレーションの経営理念

  • 1.この仕事を通じて社会に貢献する。
  • 2.この仕事を通じて立派な人を創る。

創業者の決意

戦後の荒廃の中で、この会社の最高責任者として私は創業の理念を次の様にうちたててきた。 此の経営理念のもと20数年間、信義誠実を貫いて来た今日、自動車、船舶、航空機、建設機械産業の中において各メーカーの信頼と理解を得て国内は勿論世界的にも斯界のトップを走る迄に基盤を確立しつつあるという此の事実をもって、私はこの創業の理念が間違っていなかった事を深く確信すると共に、この企業の業界における責任の重且大を更に強く胸に感じて居る次第である。特に第一の点については、ここ数年来之に対する私の決意は「吾が生涯を、このコントロール・ケーブル一筋に心血を注ぎ、貫いて行こう」と固く決するものである。
これは当社の製品であるコントロール・ケーブルを更に改良開発を続けてゆけば(その余地は斯界未開発のものだけに計り知れない程充分である)この需要は無限にあると確信すると共にこの方針によってのみ世界的なコントロール・ケーブルの専門メーカーに成長し得ると考えるからである。 以上の様な経営理念と、社会に対する責任感と、製品開発の見通しをもって将来のビジョンとし、今後共前進を続けてゆく考えである。

(1971年1月20日 会長講演録より)