企業情報
3つの「力」でお客様を支援
  • 課題解決力
  • 技術開発力
  • 品質管理力

品質管理力

フレキシブルな一貫生産体制で
最高の品質とコストパフォーマンスを実現

最高の品質と性能、そしてコストパフォーマンスを実現した当社のコントロールケーブル。
その最大の特徴は、他社に例を見ない金型製作から手掛ける一貫生産体制にあります。
そして一貫生産だからこそ可能なフレキシビリティも、当社が提供する品質の一部です。

アウターケーシング/インナーケーブル製作

当社の生産工程は大きく「捲線・撚線・部品成型・組立」の各工程に分かれています。必要な材料はすべて当社独自の規格基準を設け、品質の安定ならびに生産性の向上を図っています。
とりわけ捲線工程では、当社ならではの豊富なノウハウを活かし、内径12㎜から内径0.06㎜までに対応できる高精度加工を実現しています。

部品製作

当社が自社開発した設備や生産システムの割合は、現在、全設備の約6割に達しています。その中でも金型製作システムは、当社が業界に誇る製造工程のひとつです。多品種少量生産に対応し、ユーザーの要望にきめ細かに応えるため、ダイカストおよび樹脂成型機の稼働効率の向上を図るとともに、部品生産、組立ラインへのスピーディーな金型供給を実現しています。

アセンブリー/検査

当社では工程FMEAによる図面段階でのチェックを行うとともに、生産実験計画法に基づく数理的な検索方法を導入し、生産ラインで品質を“創り込む”取り組みを強化。アセンブリーにおいても、高信頼性を保証する品質管理のもと、ケーブルの連結デバイスを組み込んでいます。このように当社は万全の検査・品質保証体制により、高品質な製品を提供しています。

全社的な品質改善への取り組み

経営信条に「良品・安価・即納」を掲げる当社では、“イノベーションQCD”(品質・コスト・納期に革新を起こす体質改善活動)やコストダウンを目指したGVE活動など様々な活動に取り組み、全社的な品質向上とコスト削減を図る努力を一貫して続けてきました。その成果が「PM優良事業場賞」の受賞、「ISO9001認証」の取得につながっています。

「ISO9001認証」「QS-9000認証」取得

ISO9001認証取得については1994年から取得に向けての準備が始まり、1995年に全事業所が取得しました。
又、QS-9000認証取得については1997年から取得に向けての準備が始まり、1998年に全事業所が取得しました。

「PM優良事業場賞」受賞

製品に関する品質管理を強化するだけではなく、当社では生産環境や執務環境のシステム化を図り、効率的な仕事の流れをつくっています。その実績が評価され、1988年、日本プラントメンテナンス協会からPM優良事業場賞を受賞しました。