事業紹介

スパイラックス直動システム

製品の特長

  • スパイラックスケーブルと、DCモータのギヤを噛み合わせてスライドさせるシステム。
  • ケーブルを使用している為、R曲線などがある部分でも使用可能。
  • DCモータを使用しておりガイドレール形状を含め小さなスペースで駆動できる。
  • 中空ウレタン構造の為、消音効果が大きい。

スパイラックスケーブル

スパイラックスケーブル

システム構造

  • 片引きタイプ
  • 両引きタイプ

性能

片引きタイプ

負荷荷重 49N(5kgf)
ストローク 4000mm
動作速度 130mm/sec
耐久回数 10000サイクル
(モーター保証:5000サイクル)

両引きタイプ

負荷荷重 176N(18kgf)
ストローク 1500mm
動作速度 100mm/sec
耐久回数 10000サイクル

詳細資料

構成部品

スパイラックスケーブル

コイル径 φ1.2
コイルピッチ 2.54mm
コイルズレ強度 392N(40kgf)以上
破断荷重 1.96KN(200kg)以上

モータ

  トルク 回転 消費電力
無荷重 0 170r.p.m以上 0
定格荷重 0.89N・m(10kgf・cm) 170r.p.m 4A
拘束 4.9N・m(50kgf・cm) 0 18A

ケーブル端部形状(連結部)

ケーブル端部形状(連結部)

ケーブルガイド部形状

ケーブルガイド部形状

ページトップへ戻る