事業紹介

PSD(パワースライドドア)システム

システムの構成

(1)PSDユニット

  • スライドドアの電動開閉装置
  • センターレールでのケーブル駆動
  • 駆動部はリアクォータ部室内側の設置

(2)クローザー

  • ドアロックの電動閉装置

(3)コントローラ

  • システムの制御

(4)リリースアクチュエータ

  • ドアロックの電動開装置
  • スライドドアの設置(ジャンクションSWによる通電)

図:システムの構成

写真

PSDユニット

(1)構成

  • モーター:ワイパーモーターベースのPSD専用モーター
  • クラッチ:電磁式小型クラッチ
  • ケーブル:高耐久性インナーケーブル(線形φ1.5mm)

(2)仕様

使用温度範囲 -30~80℃
使用電圧範囲 9~15V
作動速度 300±60mm/sec(常温、14.5V、平地)
作動保証勾配 13°
手動操作力 6~12N + 現行ドア操作力(常温、平地)
質量 3.3kg

ページトップへ戻る

詳細資料

コントローラ

仕様

使用温度範囲 -30~80℃
使用電圧範囲 9~15V
作動速度 300±60mm/sec(常温、14.5V、平地)
作動保証勾配 13°
手動操作力 6~12N + 現行ドア操作力(常温、平地)
質量 3.3kg

制御機能

  • ワンタッチ操作制御
    運転席等のスイッチのワンタッチ操作により、全開/全閉までオート作動制御作動中のスイッチ再操作により、任意の位置でドア停止可能
  • アシスト作動制御
    ドア手動操作により、操作方向へアシスト電動始動制御
    メインSW-OFF時は手動開閉可能
  • PWM作動制御
    電動閉作動時、全閉約300mm手前より作動速度低減制御
  • ジャムプロ制御
    異物挟み込み検知時、全開/全閉まで反転作動制御
    反転作動中の挟み込み時も反転作動可能
  • 断続クラッチ制御
    ドア途中停止時のドア自走防止の為、断続クラッチにより自走速度制御

PSD CAD図

PSD CAD図

ページトップへ戻る